どぢ・ねっ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第36節 徳島ヴォルティス戦 感涙のAT弾

<<   作成日時 : 2016/10/20 00:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10/16 レノファ山口FC vs 徳島ヴォルティス 維新百年記念公園陸上競技場 17時KO

岐阜、熊本、金沢と三連敗で久々維新公園に戻ってまいりました。直近2試合は0封負けでございます。
そしてリーグ戦では8試合勝ちがない状況と言いますが、9試合前の勝利はアウェー町田戦ですから私が見た勝ち試合はさかのぼる事3ヵ月、なんと13試合前のアウェー讃岐戦でした。

って事は??
維新スタでの勝ちは7/10の後半戦スタートの大勝した北九州戦から無いんですね。

勝てなくても可能性のあるサッカーをしていれば、楽しむ事は可能ですが、サポはもう溜まりに溜まってます。
きょうこそ発散させてください。お願い!
-------------------------------------

って事でやって参りました維新公園。
前回はアウェーでドローだった徳島戦です。レノファのいい所を潰されたような試合だった記憶が・・・。

画像



ヴォルタくん発見。阿波踊りで迫って来ます。

画像



バリューのブースでアンリミがサイン会をしていました。
芸能人オーラを忘れてきたようで、どう見てもゴール裏のレノファサポだね。

画像



ヴォルタ君とレノ丸がいました。手足が短いレノ丸君に対して、ヴォルタ君は異様に手足が長いく感じるのは気のせいでしょうか。

画像



アウェー入場口のウェルカムボードです。
おおっ、完全にクオリティー上がってますよね。

画像



ホームタウンに加わった防府市長の挨拶ですが、多分維新公園ただ一人のシャツインだったと思います。

画像



徳島ゴール裏です。おいでませ。

画像



レノファゴール裏。これだけ入っても、今日は少ないと思えるほどレノファサポは増えました。

画像



全体に目を移してもやや少なめです。

画像



さあ試合開始です。

画像



前半終わって(0-1)。またも早い時間に先制点を奪われてしまいました。
左サイドの角度がない所から、一か八かのシュートに見えましたが見事決まってしまいました。

全体に押され気味で、レノファらしからぬ淡白な攻撃に見えてしまったのは、徳島のプレッシャーのせいだったのでしょうか。とにかく重い前半でした。

画像


後半開始です。

画像



後半序盤はさらにプレッシャーが強くなった徳島のペースでしたが、それも緩んでくると徐々にレノファのパスが繋がり始め、やっとやっと、ゴール前のごった返した中でフクミツが頑張ってキープして、こぼれた所をミユキが決めました。

画像


もうココからは完全にレノファペース。
と言っても、時折見せる徳島のカウンターとセットプレーにはヒヤヒヤでした。
しかし、なかなか点が入らない。

そしてAT4分。例の怒涛の攻撃が始まって・・・・。いつ笛を吹かれてもおかしくない時間です。
うわっ!キターーーーーーッ!!

安藤がゴールラインを割りそうなボールを残して(この場面、実は届かない万事休すと思ってみていました)、小池にパス。小池はゴール前の中山へ矢の様なグラウンダーパスを通して、中山はDHを背負いながらボールを保持します。そこへ走り込んで来たレオ君に出し、レオ君は狙いすましたインサイドキックでシュート。ディフェンスに当たりコースが変わってゴール。レオ君、プロ初ゴールです。

久しぶりに来ました。すごいの来ました。
感涙のAT弾でございます。勝ちました。勝ったよーーー!

画像


見てよ『90+4』。レノファではありがちの時間のゴールでした。レオくん、おめでとう。

画像


チャタン切れちゃったゴメン。
レオ君、満面の笑み。そりゃそうさ。
庄司と小池君のハイタッチ。
上野監督は何を思う。

画像


勝ち試合の選手達の嬉しそうな顔を見ると、サポも幸せな気持になります。

本日の入場者数は4,008人でした。
極上の感動はスタジアムでしか味わえないです。ホーム残り2戦、さあ維新劇場に行きましょう。

画像


次節は10/23 13時OK トランスコスモススタジアム長崎(トラスタ)でV・ファーレン長崎戦です。
当然、参戦します。

完封でボコられた前回の長崎戦、絶対にリベンジだーーー!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第36節 徳島ヴォルティス戦 感涙のAT弾 どぢ・ねっ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる