湯布院散策&湯平温泉

嫁孝行に湯布院散策&地鶏焼&温泉でございます。

管釣りキャッカされました。 ち。

由布院駅前の駐車場に車を停めたのは10時半位だったでしょうか。

※実はこんな大きな駐車場があるのは知りませんでした。
※入口付近は狭いのですが、奥行きがあって広かったんですね。

で、車を降りる頃には雨が本降りになりました。
ワンコを連れて行きましたが、車でお留守番です。

私は嫁の後を付いて歩くだけ。==散策マップ==
お昼頃、通りがかりの店のメニューに地鶏の炭焼があったので、突撃です。

画像


これがチョットね~。
一つ一つの切り方がでかいんです。
食い難い、なかなか焼けない。
タレの味もいまひとつ。

嫁は店構えや雰囲気で料理もいいんじゃ無いかと言っていたので、私は「料理を食うまでは分からない。見た目で信用するな」と言い聞かせていたのが、本当になってしまいました。

前回、行った所の様な専門店とは雲泥の差です。
ちゃんと調べた所に行けばよかった。

食後のコーヒーを飲もうとたまたま寄った店が、私が最も興味をそそられる店でした。
クラフト館 蜂の巣です。
画像


二階が喫茶店で一階で木工品を販売しています。
場所代込みのお値段と見ました。
いくらなんでも高杉るん。

画像


写真が悪いですが、棒状の商品は靴べらです。
黒いのが『タガヤサン(鉄刀木)』で材が高いのは分かりますが、15,000+αって・・・。

適当な所で切り上げて温泉へGO。

今日は気分を変えて湯平(ゆのひら)温泉に行って見ました。
由布院から十数キロで到着、無料駐車場に停めて旅館街の石畳の坂道をずんずん登ります。

案内地図で確認すると200円で入れる共同温泉が3ヶ所あって、上から『金の湯』『中の湯』『銀の湯』となります。
一番上の温泉からハシゴすることにしましたが、真ん中にある『中の湯』は日替わりで男湯、女湯となるようで本日は女湯でした。
『金の湯』『銀の湯』の二つに入りましたが、ぬるっとした湯質は効きそうな温泉です。
なんに効くのか全く分かりませんが、いかにも効きそうなのです。

アレに効くといいのですが・・・。


ちゅことで、歩き疲れ、湯疲れです。

※追記:湯平温泉街のマップがありました。
※このマップからのリンク先の湯平温泉トップページには動画が有り、音声が出ますのでご注意ください。#音出すのは止めて欲しいですよね。折角リンクでPRになるのにリンクは躊躇してしまいます。

※共同浴場は5ヶ所あったようです

この記事へのコメント