塗装、ピンチです!

後は上塗りを残すのみとなって、サンディングシーラーで詰った網の取付穴をさらえていると、内張り側の塗装が浮いています。爪で引っ掻くと簡単に剥がれました。爪で剥がれた部分を押していくとどんどん剥がれてしまいます。

どうも剥がれ易い材とそうでない材があるようなので、ヤニか脂がでていたのかも知れません。硬化が遅いと感じた時がソレだったのかも知れません。

その材を使った内張りと外張り、ほぼ全部剥がしました。

ほぼですから、食いつきの良かった所は剥がしていない訳で、この状態から塗装してもいいものかよく分かっていませんが、何事も経験ですので、やってみてダメならやり直しって事でゆっくり進める事にしました。

もし、サンディングシーラー自体に問題がある場合は全滅となります。前回使ったセットではそんな問題は出なかったのですが、今回のセットは何となく硬度が出てないような気がしていました。たんに乾燥時間が少なかったのか・・・。

杞憂であればいいのですが。

画像

画像


のりが悪かったのは、このこげ茶色の材です。
爪で引っ掻いたので、より無残に見えます。


って事で、大幅後退です。

精神的打撃は大きい。

この記事へのコメント

  • ふゆ

    げげっ!!
    ショックですね(涙)
    原因は何なのでしょうねぇ?

    硬化剤と薄め液の比率?
    温度?

    実はサンディングシーラーにカシューを塗ったのも
    相性が良くないのか衝撃でコッポリ塗装が欠けちゃう
    こともあって・・・・。

    今期は全てカシュー塗りにしました。
    食い込みが激しいので下地処理も含めると相当な
    塗料の消費と時間を要します。

    しかしこの時期に精神的ダメージでかいっすね。
    お気持ちお察し申し上げます。

    2010年02月12日 21:21
  • どじ

    お見舞いありがとうございます。
    心で泣きながら塗装を剥がしましたよ。

    >比率?
    前回までと同様ですし、それほどシビアに調合しなくても問題は出なかったのでソレが原因ではないと思います。
    >温度?
    いつも作るのは寒いときですもんね~。
    ないとはいい切れないけど。

    原因がはっきりしないから修復作業も不安です。
    材の油分と睨んで同じ工程を慎重に進めているだけなので、また同じ事が起こる可能性がある訳で・・・。

    ん~~、ツライ。

    カシュー変更しようかとも考えたんですけど、買ったばかりの上塗り剤が無駄になると思い、もう一度試す事にしました。

    ゆっくり進めれば硬化も進みそうだし(だといいなと)

    >相性
    ウレタン系のシーラーとカシューの相性はいいとどこかで読んだ記憶がありますが、そうでもないみたいですね。

    すっきりとした気分で解禁を迎えたいものです。
    2010年02月13日 01:04
  • ふゆ

    >材の油分
     それはあるかもしれませんね。
     脱脂ってできるのでしょうか。
     原因不明が一番困りますね。

    >相性
     確かにウレタン系のシーラーとカシューの相性は
     悪いとは思わないですけど。
     たぶん不十分な乾燥の上に厚塗りを重ねたからで
     はないかと思っています。

     それと高密度ペーパーで磨きすぎたために、塗料
     の食いつきが悪かったってことも考えています。

     試行錯誤ですね。
     私の場合、解禁までには絶対に間に合いません。
    2010年02月13日 11:19
  • どじ

    >脱脂
    材屋さんによると
    煮込む方もいらっしゃるそうです。
    シンナーで拭くだけで十分と書いていたような気がします。
    で、念入りに拭いては木彫オイルを塗っています。
    木彫オイルが済んだら#600位で荒らしてからシーラーを塗ってみます。

    >食いつきが悪かったってことも
    塗装硬化後に#1000以上を使う勇気はありません(汗)
    2010年02月14日 18:26
  • ふゆ

    げげっ!!
    >#1000以上を使う勇気はありません(汗)
     やはりそうでしたか・・・。
     まずいかも(涙)
    2010年02月14日 20:58
  • どじ

    や、失敗の経験があるわけではないので(^_^;)
    2010年02月15日 23:03