どぢ・ねっ!

アクセスカウンタ

zoom RSS グリップ内張り用R整形

<<   作成日時 : 2010/07/12 22:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

その前に。
昨日の朝顔の件でちょっと気なった事があったので調べてたら、もっと分からなくなってしまいました。

朝のばあさまとの会話。

婆 「朝顔は右に巻き付けても、左に巻き直すんよ」
ど 「そうやろね」
婆 「左、左でええんよねえ?」
ど 「うん左、これ左巻きやろ?」

私は伸びて行く方向を上から見て左巻だと、ごく自然に思っていました。

正確にはどうなんだ?
調べてみると、学校では『朝顔の蔓は左巻き』と教えていたそうです。
お勉強をしない子だったので、そんな記憶は全くございませんが、最近は巻く向きについて学校では教えなくなったそうです。

と言うのも、学者の見解が一致して居ないから。

右巻き説はナンタラ難しい理論がありつつの、要するにねじを締める時に右に回すのが、右巻きであると。つまりねじを横から見た時、常に右肩上がりのねじ山のラインがあり、逆さにしてもどこから見ても右肩た上がり、これが右巻きであるという説が科学的に主流であり、これに植物も合せるべきではないかと言う事らしいのですが、まだ結論は出ていないようです。

私のように『上から見て』、”芽が伸びる軌跡が左回りだから”左巻き説は一部であり、同じように上から見ても、上からツルを辿って行けば右回りだから右巻きだ。なんて説が出ると訳わからなくなります。

たとえば、種から見ると芽は右回りに伸びていくから右巻きだ。って考え方だって出来る訳だから、結局、見方次第なのです。

あれは私の中では左巻きです。

時計は右回り、陸上のトラックは左回り、二次元なら意見は一致するのにね。


なら、川の右岸左岸はどっち。
釣り人(お魚)は上流を見てるから、上流を見て右が右岸かと考えがちなのですが、流れる方向を見て左右を言うのだそうで、河口に向かって右が右岸が正解となります。

橋の土木図面などを見ると、右岸を右(左岸を左)に描くものだから、川の流れは下から上に流れていて気持ち悪い事このうえないのです。
会話の中ではどっちを向いて右だの、左だの言った方が間違いないでしょう。

-------------------------------------------------

では、工作ネタ。(の方が少ないですが)

グリップのフレーム側は内張りを貼り付ける為にスムーズな曲線に仕上げなければなりません。
結構、シビアな部分です。

フレ−ムを削らないように、グリップのラインとフレームのラインを合わせる様に少しずつ目視と手触りで確かめながら進めます。
画像


結構、騒音があるのでお隣さんが出かけている間にやりました。


画像


気付きました?
グリップにヒビが入りました。
本当はヒビと言うより割れてるんですけど、強度にはほとんど影響はない所だから問題ないでしょう。表面に少し見えると思いますが、これは”味”です。

そう、見方次第なのです。
にほんブログ村 サッカーブログ レノファ山口FCへ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グリップ内張り用R整形 どぢ・ねっ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる