石鯛竿-幻覇王テレスコ

一年前からこの竿を狙っていました。
フカセをやる時にも、竿袋に忍ばせておき、餌を確保出来れば、いつでも石鯛狙いが可能になる。
そんな思いで振出石鯛竿が欲しかったのですが、へそ曲がりな私が興味をそそられる竿が数年前ダイワから発表されました。

去年、ウェブショップを捜しましたが、どこも売り切れでした。あまりに半端な竿なので生産中止なのではなかろうかと想像してたのですが、今シーズンはライバルメーカーから似たような性格の竿が出ていました。ライバルメーカーの竿を購入しようとショップ見て回ると、なんと去年買おうとしていた竿がかなりのショップに入荷していました。
んで、ポチッと。

2日後、釣りに行っている間に届いてました。

画像


あ、あれ~?
注文したのDAIWAの竿なんですけど・・・。

あ、良かった中身はDです。

画像



『幻覇王(ゲンパオウ) 石鯛T 525TL』
まず本格石鯛釣師は見向きもしない竿でしょう。
『そんな竿、デカバンが来たら折れちまう』と一蹴されると思います。

でも、デカバン狙ってないですから、私。
ってか、結構なサイズまで上げられるんじゃないかとも思っています。

元竿です。

画像


元は標準的な石鯛竿と一切変わりません。下は剛海MH48です。
石突はやや大きめで、木目調と書いているので木製ではなく樹脂製のようです。

で、もっともヘンテコなのがガイドです。

画像


これを見てがっかりしました。
フカセ用のガイドと全く同じじゃないですか。
これが有りなら、普通の石鯛竿のゴッツイガイドは何なの?と、なります。

実はこの竿のインプレを探しましたが、見つける事は出来ませんでした。使っている方がいる筈なのに、これだけ情報がない竿は珍しいじゃないでしょうか。ですから、正直購入は賭けでした。
使用前ですが、賭けに負けた気分です。

ところが実際に使って見ると悪くないです。

画像


悩んで選んだ、このリールとのバランスはピッタリで、めちゃくちゃ軽くて扱いが楽です。
奇妙なリールが付いていますが、またの機会に記事にしましょう。

この記事へのコメント

親父
2011年07月21日 00:30
あららぁ~

い・つ・か・は
夜の渡船基地でキャップライトで照らしながら
タモを持ち、港中を這いつくばう童さんの姿が
拝見出来るのねん♪
どじ
2011年07月21日 00:55
あら、バレバレですね。

ピンク船の下は宝庫だったなあ~。
強力キャップランプも買っとこ。