15th網取付穴は36穴で

削りによる成形を終えた後だと傷を付ける可能性があるので、終了前に溝切りと穴明けをやっておきます。

ここで穴数を決定する必要があります。

溝の起点と終点を決めて穴を明け、溝の長さを計ります。
過去のデータから35穴程度が良さそうなので、溝の長さ÷35でピッチが・・・。

画像


・・・・・。

そのピッチで印を付けてから、間違いに気付きました。

これだと36穴ですね。

いいんです。

36穴でいきましょう。

この記事へのコメント

こにゆき
2011年10月24日 09:12
どもですm(_ _)m

なーるほど!
しばらく???でした。

35穴にするには長さ÷34=ピッチ

ですよね。

算数はニガテっすf^_^;

どじ
2011年10月24日 10:28
こにゆき殿

算数は理解しようとするほど難しくなります。
九九の様に覚えるのが一番のようですが、私、九九もアヤシイ所が・・・。

穴数で基本になる網の目数が決まります。
35穴が36穴になると底面だけで18目も多く編む事になります。
このへん計算になるとさっぱり分からなくなるので、重要な所は絵に描いて確かめる事にしています。