第28節 ヴァンフォーレ甲府戦 快勝

2019年8月17日(土)18:03KO 山梨中銀スタジアム
レノファ山口FC vs ヴァンフォーレ甲府

当日はdazn観戦でした。

2019-0817-21.jpg

天皇杯を挟んだ3連戦の前2試合、柏レイソル、セレッソ大阪戦を大量失点(計7点)で終えた後の試合です。
なんとか嫌な流れを食い止めたいのですが不安材料ばかりです。
・相手は強力なFWが揃っている。
・CB菊池流帆がイエロー累積で不在。
そして発表された先発を見てびっくり。
なんと2日前に加入したばかりの高宇洋(こう たかひろ)選手がスタメンに入り、夏の移籍で加入した選手3人が勢ぞろいしました。これ連係は大丈夫なのか。楠本タクミ、前ちゃんがCBに入って4バックになりそうだけど、あのFWを食い止められるのか。

杞憂でした。試合が始まると・・・、なんだこれ、いつもと違う。

短いパスがどんどん繋がってボールを失わないので、甲府の狙いであろうカウンターを受ける場面が少ないのです。
新加入の高君、足元がうまい上にポジショニングもいいのでピンチになりそうな場面もうまく抑えています。石田選手もプレスに来ても落ち着いて捌き、ボールを失いません。佐藤ケンタローと高君が守備的な仕事をするので、ミユキが高い位置でやれる為、攻撃に幅が出来ています。ミユキの裏抜けは新鮮でした。佐々木タクミも自由に動き回ってやり易すそうでした。

そして最終ライン。楠本選手、強いFWに負けていません。前ちゃんのフォローが効いているで大穴が空く事が無く相手にチャンスを作られる事も少なく、たまのシュートも枠を捉える事はほとんど有りませんでした。

後半始まって直ぐに、石田リョーマのランに佐藤ケンタローがスルーパス。山下ケイタはスペースでボールを呼び、リョーマがマイナスのパス。ケイタが右足でトラップして左足でズドン。気持のいい一発でした。

この1点を守り切って(1-0)で勝利。この1勝は大きいんじゃないでしょうか。

次節はV・ファーレン長崎戦です。前回対戦は2点先行しながら終盤に追い付かれて悔しい引き分けでした。
まだ勝ててない相手。入場者数が多い時に勝てない。快勝の次の試合は酷い内容の試合をしてしまう。と、ネガティブなジンクスが沢山ありますが、これを全て覆して勝ちましょう。油断、気の緩みさえなければ、今度こそ勝てると信じています。

8月24日(土)19:00KO 維新みらいふスタジアム
vs V・ファーレン長崎

勝つぞ!!

てか、スタメン、システム、どうなるどうなるんだろ・・・。明日が楽しみです。

この記事へのコメント