トラウティンマーキス・ボロン S-506UL TE

補修したロッドがあまりに使えなかったので、ニューロッドをポチッとやって入荷済と報告しましたが、詳細をお知らせしておきます。

こんな箱が届きました。

画像


ロッドが入っているとは思えない箱です。

オマケでも付いてるのかと思ったら、スカスカでした。

画像


底に貼り付けてます。
養生が甘いと思います。

ビロード風の竿袋です。
Abu GarciaのTroutin Marquis BORONというテレスコモデルです。

画像


造作は結構いいです。

画像


しかし、このトップカバーはないでしょ。

画像


罠です。
トップを折る為の罠にしか見えません。
折角、短く出来るのに持ち運びには注意が必要です。


スペックです。

全長:5'0''(1.52m)
仕舞:36.7cm
標準自重:75.5g
適合ルアー:1から5(g)
適合ライン:1から4(lb)
仕様素材:カーボン90%、グラス5%、ボロン5%

トップガイドはチタンフレームでSiCリング、その他のガイドはステンのKガイドが付いています。値段の割にいい部品が使われています。

画像


コイツを伸ばして振って見ると、ULにしては硬く、先調子に感じます。
どこかのインプレでミノーには向かないだろうと書いていましたが、十分な腰があるように思いました。その時はですよ。
曲げて見ると、美しいベンディングカーブとは程遠い、ありがちな多角形カーブで一部妙に曲がり過ぎな所があります。無理をした時折れるのは”ここだ!!”みたいな。

先日、実釣に使いました。
リールは旧ルビアス1500、ラインは4lbでミノーを色々使いました。
実際に使ってみると、やはりULです。
柔らかめで胴にもたれる感じ。

ロッドだけを振った印象と全く違う物でした。

dコン50mmが私の使い方でもいっぱいっぱい、普通の感覚なら動かせていないと感じると思います。
もう少し軽めのミノーなら問題なく使えます。
ただし、キビキビではないかも。

それから、やけに飛距離が出ました。
私はキャストしやすいと感じました。

コントロールは私の(腕の)問題で評価できかねます。 


高津川では本流以外は、このロッドでイケそうです。
US改より使いやすいので、出番は多くなると思います。

"トラウティンマーキス・ボロン S-506UL TE"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: