どぢ・ねっ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 休日の過ごし方:::釣り師の鏡編:::

<<   作成日時 : 2007/12/08 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日は釣りには行かずメンテナンスデー。
リール二個オーバーホールをしました。
どちらも回転が重くなっていたので分解して洗浄すれば改善されるではないかとトライして見ました。

まずはS社98ツインパ。
画像


実は昨日も分解洗浄して組み立てたらストッパーが効かなくなっていました。
ローラークラッチも分解しましたが、間違っては組み立てられない構造になっているとの事なので、微妙なセットのズレだろうと思っていました。

どう組み直してもストッパーは止まらないので、再度ローラークラッチを分解してみました。

画像


写真の部品の下(外の環と内の環の間サンドイッチされている)に円盤状の金具があるのですが、その金具が裏表逆に入っていました。逆には組み立てられない筈なんですけどね〜。強引に組立てちゃった見たいです。

すべて組み立てて完了。
少し軽くなった気がする程度で劇的な変化はありませんでした。


次はD社トーナメントLBA。
画像


レバーブレーキ機の分解はやらないほうがいいって話しを聞いた事があるので、この機種は初めてになります。使い物にならないほど重いのでダメ元でやっちゃいました。

外からの給油、グリスアップだけで長年使い続けて来たので中は真っ黒け、分解中は小さな部品がグリスに隠れたり、あらぬ所にくっついていたりで、元々収まっていた場所がわからなくなって、収まり所を推理しながら洗浄し組立て行きました。ローターのナットを締める段階で回転が異常に固いうえ、ストッパーも効かない(またかよ〜)事に気付きました。

ワンウェイクラッチがうまく働いていないようです。
クラッチ周りを分解して、ここでやっと付属の展開図を初めて出して確認すると、組む時に迷った(迷ったら図面見ろよっ)ブレーキディスクの下の笠状のカラーが上下逆さに入っていました。
まったく学習しない奴です。

新品までは行きませんが、かなり軽くなったようです。
レバーブレーキが特に難しいとは感じませんでした。素人でもOH可能です。

D社とS社の構造を比べると分解組立に関してはS社はカシコイ作りになっていますわ。感心。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おおっ、しろ殿に見せたいですね。〔笑〕

シマノのローラークラッチは分解できますが、
ダイワのは確かコーヨーベアリング製を
使っていた気がします。
でも、構造上レバーブレーキにはワンウェイ
クラッチは組み込めないはずなので
ラチェットかブレーキパーツの組み込みを
しくったのかな。


レバーブレーキ系のリールはローターを
外すのにシャフトを外さないといけないので
苦労しますね。ついでに言えば、シャフトと
オシレーティングのパーツの止め螺子に
緩み止めが塗ってあり、ナメやすいんです。
ブレーキ系のパーツは複雑で沢山あるし。


ぱっと見、シマノマスターギヤは亜鉛で、
ダイワドライブギヤにはアルマイト加工が
してあるように見えますね。

アルマイト加工がしてあるということは
硬い素材であり、馴染みがほとんど期待
できないということで、ワッシャのつぶれ
具合でアタリを出すそうです。
ボディの締め具合を調節するようです。
ちょび
2007/12/08 19:29
分解は好きですが組立はハンドルN通りです。(爆)

良くご存知で。
リヤキャップを開けたはいいが、どこからバラしたら良いのやら、まさか最初にシャフトを抜くとは思いもしませんでした。

LBにワンウェイクラッチ付いてますよ。
写りが悪いですが写真のボディの下にあるヤツで左の円盤がブレーキローターで右がワンウェイクラッチとなっていました。

ブレーキローターの上下位置を決めるカラーが逆で常にブレーキが掛かった状態に組んでいました。1/2の確率を勘で外したよ。

同時期に買ったエンブレムLBは回転の固さ(シャフトの微妙な曲がり)の調節をボディカバーの止めねじで調節して無理やり使ってました(笑)

吉田氏のページには助けられます(感謝)
どじ@ぶろぐ
2007/12/08 22:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
休日の過ごし方:::釣り師の鏡編::: どぢ・ねっ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる